チャップアップ 厚生労働省

厚生労働省が認める医薬部外品のチャップアップは、どれだけの効果があるの?

チャップアップは、厚生労働省が認める医薬部外品に分類されます。

それって、どれほどの意味を持つのでしょうか?

どれだけの効果があるかを、じっくり探ってみたいと思います。

厚生労働省が認める医薬部外品とは、どういう意味?

お役所の厚生労働省が認めていると聞くと、何だかものすごく効果があるように思えますが、実際のところはどうなんでしょうか?

医薬部外品に分類される育毛剤というのは?

厚生労働省が認めた成分が入っている育毛剤になります。

厚労省が脱毛防止や育毛についての薬効を認めた約1,500種類の成分が、医薬部外品添加物リストとして表示されています。

つまり、医薬部外品添加物リストの中の成分を決められた量だけ使って作られた育毛剤です。

→ 厚生労働省の公表している医薬部外品の添加物リストのサイトへのリンク

医薬品と医薬部外品との違い

医薬部外品とは別に、リアップのような医薬品に分類される育毛剤(発毛剤)もあります。

その違いは、何なのでしょうか?

話をわかりやすくするために、医薬品であるリアップと、医薬部外品のチャップアップで比較をしてみたいと思います。

項 目 リアップ チャップアップ
区 分 【 医薬品 】
・発毛の効果があると認められた第一類医薬品
【 医薬部外品 】
・脱毛防止や育毛についての薬効が認められる成分を含む
認可されている成分 頭皮の血行を良くして発毛を促進する有効成分を持つ医薬品成分として認可されている「ミノキシジル」を配合 脱毛の防止、育毛に効果があると認められた有効成分として次のものを配合
センブリエキス
・グリチルリチン酸ジカリウム
・ジフェンヒドラミンHCI
配合量 有効成分であるミノキシジルを高濃度で配合することが可能 治療ではなく予防や皮膚などを清潔に保つ目的で、定められた濃度でしか配合できない
特 徴 薬なので、効果は高いがその分、副作用も大きいと言える 薬ではなく天然素材で作られていて副作用の心配が少ない

 

医薬部外品の良い点

抜け毛を減らしたり、髪の毛を太く元気にする効果が認められた有効成分を使っている。(有効成分そのものが自然の植物の天然成分

⇒ 育毛効果の認められた天然成分を使っているので、副作用を心配することなく効果を期待できる。

医薬部外品の残念な点

高濃度で使うことは出来なく、定められた濃度で配合

⇒ 有効成分を少しずつ付けることになるので、短期間での効果は期待できない。

医薬部外品のチャップアップの効果は、どれだけ?

チャップアップの成分を見ていくと、数多くの成分が厚生労働省の医薬部外品添加物リストにあります。

【 医薬部外品添加物リストに掲載されているチャップアップの成分 】

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCI、L-アスパラギン酸、グリシン、L-アラニン、L-アルギニン、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-ピロリドンカルボン酸、L-セリン、L-バリン、L-プロリン、・・・・その他多数

以上のことから、厚生労働省の認める添加物が数多く使われていることがわかります。

厚生労働省の認める成分が数多く入っていれば、効果が保証されるということではありません。

しかし、チャップアップには、次の3つの点により、高い育毛効果が期待できると考えられます。

・悪玉男性ホルモンを抑える(AGA改善)
・副作用の心配が少ない
・一番売れている育毛剤

悪玉男性ホルモンを抑える(AGA改善)

男性の薄毛の原因の90%以上が、悪玉の男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の悪影響である男性型脱毛症(AGA)と言われています。

DHTの発生を抑えて、男性型脱毛症を発症しないようにする効果のある育毛剤でないと意味がありません。

DHTは、生えている毛の毛根に早く抜け毛になるように指示するので、髪の毛が太く成長するまでに抜けるようになります。

チャップアップには、DHTを抑制する成分がしっかりと入っています。

DHTは、男性ホルモンのTS(テストステロン)が5a還元酵素(5αリダクターゼ)と結びついて作られます。

【 チャップアップのDHT抑制成分 】

5a還元酵素(5αリダクターゼ)の働きを弱めて、悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)を作らないようにしてくれる成分が、以下の成分でありほとんどが、厚生労働省の認める成分です。

ヒオウギ抽出液、オウゴンエキス、ビワ葉エキス、チョウジエキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキスなど

 

副作用の心配が少ない

やはり使うならば、副作用の少ない育毛剤を使いたいですよね。

チャップアップは、副作用がほとんどないにもかかわらず、あのリアップの主成分ミノキシジルと同等の育毛効果のある海藻エキスが入っています。

この海藻エキスも厚生労働省の認める成分です。

この海藻エキス(別名M-034)は、北海道ミツイシコンブから抽出されたエキスです。

海藻エキスは、ミノキシジルと同様に頭皮の血行促進の働きにより、育毛効果を発揮します。

同様の育毛効果があるなら、もちろん副作用の心配する必要のないチャップアップを選びますよね。

 

一番売れている育毛剤

厚生労働省に認可された育毛剤としてとして、チャップアップを取り上げてきました。

しかしチャップアップ以外にも、多くの育毛剤が、厚生労働省の許可を得ている医薬部外品になります。

厚生労働省に医薬部外品と認定されている育毛剤であっても、効果が立証されているわけではありません。

色々ある育毛剤の中で、一番売れている育毛剤がチャップアップであるという事実は、何を意味すると思いますか?

使ってみて効果を感じることが出来なければ、一時的には宣伝効果で売れたとしても長く売れ続けることはありません。

したがって、厚生労働省に認可された育毛剤の中で、効果も実績として上げているのがチャップアップということが出来ると思います。

育毛剤は目的に合わせて選べ!

チャップアップの育毛効果について述べてきましたが、どのように薄毛対策をしたいかによって、チャップアップのような医薬部外品が良いのか、リアップのように医薬品が良いのかが変わってきます。

医薬部外品を使うのが良い人

以上のように、高い効果を短期間でほしいと期待する人には向かないのが医薬部外品となります。

薄毛になり始めた方、もしくは薄毛の進行がまだ浅い方

副作用が気になる方

医薬部外品を使わないのが良い人

副作用のリスクがあっても高い効果を優先的に選ぶ人は、

薄毛がかなり進行した人

チャップアップは、こんな人にオススメ

敏感肌、乾燥肌の人

チャップアップは、頭皮に刺激を与えるような添加物を一切使用しないので、無添加・無香料・無着色の育毛剤です。

また、植物から抽出された天然成分で作られた医薬部外品なので、頭皮にとても優しい仕上がりになっています。

なので頭皮がとても敏感に反応する敏感肌、乾燥肌の方でも安心して使える低刺激の育毛剤と言えます。

育毛剤を初めて使う人

これから育毛剤を使ってみようと思っている人に向いているのがチャップアップです。

① 低刺激の育毛剤なので、頭皮にしみることなく安心して使える。
② 一番売れている育毛剤
③ 男性型脱毛症(AGA)に対応している