大学生 チャップアップ

チャップアップは、大学生(20代)の薄毛に効果は期待出来る!

20歳前後の大学生でも抜け毛が増えてきて、ハゲ・薄毛の心配をする人が多くいます。

額が広くなったとか、頭のてっぺんの髪の毛が薄くなったとか気になったら、放っておかないで、今すぐ対策をとることがオススメです。

薄毛は、大学生(20代)の若い時から、早期に対応しておくと、苦労しないで改善することが可能です。

これから、まだまだ長い人生がある訳ですが、・・・

大学生や20代で薄毛になるとどうすれば良いの?

大学生や20代の早い時期から対応するのがベスト

私自身、髪の毛が細くて毛数も少ない方だったので、将来薄毛になることが心配でもありました。

20代前半で、つむじの周りが薄くなっていたのは気づいてはいたものの、まだ若いからと放っていました。

それからしばらくたって、頭のてっぺんから強い光を浴びた時に、頭頂部がかなり薄くなっていると知った時に、大変だと思いました。

それから育毛剤のお世話になって、ちょっと時間はかかりましたが、復活することができたんです。

ちょっとでも薄いと感じていた時にすぐに対応しておけば、もっと短期間で改善できたのでは、とちょっと後悔しました。

なので、ちょっと薄くなり始めかなと思う人は、すぐに薄毛対策をするのが後で後悔しませんよ。

大学生や20代の薄毛の原因って何?

20代という若さのハゲ・薄毛(通称:若ハゲ)の原因とはなんでしょうか?

それは男性型脱毛症(AGA)が、若ハゲの原因のほとんどです。

日本人男性であれば最終的には9割以上の人が、このAGAで抜け毛が増えて薄毛・ハゲになることがわかっています。

遅かれ早かれAGAを発症する訳です。

AGAって、どうやって薄毛になるの?

男性型脱毛症(AGA)は、悪玉の男性ホルモンが毛根に作用して、生えている髪の毛に対して『成長しないで抜け毛になるように』と指示しているのです。

だから、成長しきっていない髪の毛が、成長途中でどんどん抜けていくのです。それは若ハゲになりますよね。

悪玉の男性ホルモンとは?

悪玉の男性ホルモンというのがジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるものです。

男性ホルモンの1種のテストステロン(TS)と5αリダクターゼという酵素が結合して作られます。

 

チャップアップには、大学生や20代の育毛効果は期待できるの?

AGA対策

大学生や20代の若ハゲの一番の原因がAGAだと言いましたが、チャップアップにはAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を作り出さないようにする成分が入っているからです。

チャップアップに含まれる天然素材には、5a還元酵素(5αリダクターゼ)の働きを弱めて、テストステロン(TS)と結びつきにくくしてDHTを作りにくくする成分が入っています。

DHT(ジヒドロテストステロン)を作らないようにすることで、AGAによる抜け毛を減らしてくれる成分が、以下の成分です。

・ヒオウギ抽出液
・オウゴンエキス
・ビワ葉エキス
・チョウジエキス
・ボタンエキス
・シナノキエキス
・ヒキオコシエキス
・ジオウエキス など

これだけたくさんの種類が合わさることで、パワーアップしてより強力に5αリダクターゼ酵素の働きを弱めてDHTが作られないようにしてくれます。

DHTが少なくなると抜け毛を減らし、薄毛・ハゲの改善につながります。

このようにチャップアップには、AGAの対策として有効な成分がどの育毛剤よりも多く配合されています。

 

AGA対策で抜け毛をへらしたら、

頭皮の血行促進

頭皮環境の改善

により、さらに太く元気な髪の毛が生えやすい状態に改善するパワーが強いです。

 

 

 

 

 

 

 

シャンプーの見直しも重要