ミノキシジル イライラ

ミノキシジルはイライラする副作用の症状があるんですか?

ミノキシジルは、イライラする副作用を起こす確率が高いと言われています。

ミノキシジルは、薄毛・ハゲの対策に効果が高い医薬品なんですが、薬の力が強いほど副作用も高い確率で起こり、イライラしやすくなります。

髪の毛が増えても、イライラした生活をしたくないですよね。

ミノキシジルは元々、高血圧の薬

ミノキシジルは、薄毛・ハゲ対策の代表的な医薬品として扱われていますが、元々は違う目的の薬でした。

ミノキシジルは、血管を拡張させて血流を良くする効果を持っています。

なので当初は高血圧を下げる薬として開発されていました。

ところが、血行が良くなると髪の毛の成長にも効果が見られ、薄毛・ハゲの薬として使われだしたのです。

薬の力で強制的に血流を良くするので、髪の毛に栄養が届きやすくなり、髪の毛が太くなったり、発毛までするほどの高い効果が期待出来ますがその反面、さまざまな副作用が発生する確率が高いようです。

ミノキシジルのタイプ

ミノキシジルには、以下のように2種類のタイプがあります。

・頭皮(患部)に塗るタイプ(外服薬)
・飲むタイプ(内服薬)

副作用としては、それぞれ違う症状が出ます。

【 外服薬 】

頭皮に直接塗って使うタイプの外服薬。

育毛剤・発毛剤と呼ばれ、代表的なものがリアップ。

塗るだけの場合、ミノキシジルの影響は、直接薬を付ける部分に限定されるため、頭皮の異常がほとんどです。

症状としては、

頭皮のかゆみ、炎症、湿疹など

 

【 内服薬 】

内服する場合は、薬の成分が血液に含まれ全身を巡るため、全身に影響する副作用が出やすい。

体全体の体毛が濃くなる多毛症や、倦怠感、頭痛、眠気、むくみなどが起きる可能性があります。

イライラしやくすなったり、心臓に影響して呼吸が荒くなる場合もあるようです。